よくあるご相談例

よくあるご相談例と取り組み方


よくあるご相談と独自の方法による取り組み方をここでご紹介致します。


よくあるご相談例。。。


(数あるご相談の中で最も多いものをまとめてみました)

・「人間関係がうまくいかない」・「夫婦関係に亀裂が生じている」
(恋人、友人関係も含む)・「自分を責めてしまう」・「人を責めてしまう」
・「人と接することに自信がない」・「常に周りの目を気にしてしまう」
・「悪夢にうなされる」・「霊感が強いのでコントロールしたい」
・「何かに憑依されているような気がする」・「他人の目が気になる」
・「ずっとお金に苦労する」・「人目を気にして常に緊張する」
・「なぜか不安と恐怖感に支配されている」・「意欲が湧かない原因を知りたい」
・「いじめ」・「トラウマが消えない」・「人と会うことが怖い」・「自分が生きる意味を知りたい」・「結婚ができない。婚期をのがしたのでしょうか」
・「セックスレスが続いてパートナーとして見れない。関係を改善するにはどうしたらいいのでしょうか」・「家庭が地獄だ」・「スピリチュアルなことを学びたい」
・「豊かな人生にするための方法を知りたい」・「好きな人との相性を知りたい」・「好きな人は他に気を取られていないか」・「今の恋愛は成就するのか」
・「病院に長年通院しているがこの先どうなるんですか?改善策はあるのでしょうか?」・「一体自分の人生の生きるテーマとは何でしょうか?」・「常に自分に対して責める気持ちや罪悪感を持っている。心が穏やかな毎日を過ごしたい、大丈夫ですか?」
・「スピリチュアルな観点からアドバイスを受けたい」「前世でどんな性格でどんな人間関係を築きどんなことをこの世に持ち越し、カルマとして消化していかなければならないのか知りたい。」
・「以前は家族円満だったのに今は崩壊に向かっている。この先どうしたらいいのでしょう?」・「嫁姑の関係がメチャクチャです。憎しみが消えない」
・「仕事に行くのが苦痛で苦痛で心が病んでいる」・「私には本当に守ってくれる指導霊やその他スピリチュアルな面でサポートしてくれている方達がいるのか?」
・「会社を経営しているが今後どのようになっていくか」「子供がいうことをきかなくて参っている」・「自分の健康に常に対し、常に不安と恐怖感が付きまとう」
・「色んな霊能者や占い師のところで不安になることを言われた」・
「様々なセラピーを受けても改善されない」・「集中力ややる気が起きない」・「不運が続き、次に何が起こるか不安だ」・「職場でのイジメが辛い」・「失恋で喪失感でいっぱいです」
・「いいことが起きても次の不運を考えてしまい心から喜べない」・「何をしても楽しくない」・「無気力無感動だ」・「両親の死に直面しショックから立ち直れない」
・「心の病をどうにかしたい」・「気分の浮き沈みが激しく、人や物に八つ当たりをしてしまう自分が嫌!」・「子供が言う事を聞いてくれず、虐待してしまった」
・「結界を張ってください」・「労働意欲が無くなり、失業してしまった」
・「ふと後悔の気持ちが強くなり、極度の不安感に襲われる」・「自分の思い通りにならない事があるとついカッとしてしまい、時には暴力的な行為に出てしまう」
・「心の病をどうにかしたい」
(心の病は様々です、うつ病/過食症/拒食症/対人恐怖症/躁(そう)鬱病/DV/強迫神経症/パニック障害/自律神経失調症/統合失調症/躁うつ病/など)


心の病はその他たくさんありますが種類が違えど、心の病を引き起こす原因は必ずあります。
これは「自分を責めるあいつのせいで心の病になったんだ」とか、職場で過労の為に心の病を引き起こしたというように○ ○のせいで、誰々が原因で、そんな環境にいたから、そうなったと考えがちですが、実はそれらは『きっかけ』である場合がほとんどです。
「え?きっかけ?何を言っているんだ!あいつさえ(あの環境さえ)なかったら心の病になんかなるかよ!」と思われると思います。
そのお気持ちは十分ご理解できます。

なぜなら私も過去に心の病(うつ病など)になり、長い間苦しみました。
病院に通っても薬の種類や量が変わっても気持ちが楽になるのは薬を飲んだ一時だけでちっとも心が健康になりませんでした。

(当時は心の世界や法則を無視し続けていたので心が穏やかになることはなく、霊的なことばかりに集中していました。
※ 詳しくは私の過去をご覧ください。
あなたが苦悩から抜け出す参考になれば幸いです。)

しかし、その根本的な原因はもっともっと深い所にあります。
心の世界、仕組み、法則を学び実践することにより私は苦しみから抜け出すことができました。

そして心が健康になり、さらに強化することで生き地獄だった毎日が嘘のようにどんどん変化していき、心から幸せだと思えるようになりました。

でも生きていれば必ずといっていいほど嫌なことも起きます。
しかし、心の傷の早期修復方法や対処法を行うことにより嫌な出来事が起きても『そんな出来事が起きてくれてありがとう』とすぐに切り替えられるようになりました。

私は気付きました。今まで霊的なことばかり重視してきたけれどもそれだけじゃいけない。心が苦しむ原因を探り、解決方法を見いだし、霊的な部分と心のバランスのとれたセラピーをしなければいけないと強く決意をしました。

そしてクライアント様にお伝えしたりご説明する以上は私自身が自ら実践し、体験しなければならないので見えない世界を日々深く追求して実践し、取り組んでおります。
私たちは不幸になるために生まれてきていません。
私たちは幸せになるために生まれてきたのです。
生きるということは辛いことがあるかと思います。
しかし心から喜びを感じ幸せを全身で感じる事もこれまた生きるということの醍醐味であると私は思います。


その他、アルコール依存症/心身症/不眠/過眠※1/悪夢/ヒステリー/不登校/家庭内暴力/非行/心気症(しんきしょう)※2/職場不適応※3/産褥期障害(さんじょくきしょうがい)※4
※1 極度の睡魔と短時間の睡眠を繰り返したり、激しい喜怒哀楽が引き起こす脱力感
※2 長期間に渡り、心身の不調にひどくこだわり続けている症状で、病院で診察を受けても身体的な病的所見が見つからない症状を心気症といいます
※3 仕事が合わず、職場へのストレスが心身への不調を引き起こし、昼夜問わず仕事の事が頭から離れない
※4 出産後、母としての喜びの一方で母親としての役割にストレスを感じ、ストレスがかかりやすくなる
以上のようにご相談例を紹介させていただきましたがこれはほんの一例に過ぎません。
しかし"悩みがある"という結果があるということは必ず"原因"というものがあります。
色んなパターンがあり、人によって様々です。
10人いれば10通りのお悩みがあります。
しかし、苦しい時、悩みや苦悩は逆に考えれば『成長するチャンス』でもあります。いきなりそのように考えを切り替えるのは非常に困難なものです。
それは原因が漠然としたままだからです。

もしこの「漠然としたもの」が取り払われるとどうなるでしょう。
トンネルの先の光をさえぎる霧が晴れてくるような感じです。
不安に支配されている時はトンネルを抜けるまでに足下に落とし穴はないか、曲がりくねっていないか、どれくらい先に光があるんだろうという不安や恐怖を抱きながら進みます。
もしかすると怖くて前に進めないかもしれません。
不安や恐怖はトンネルの光をさえぎる黒い霧です。
この黒い霧が晴れると目的がはっきりします。

トンネルの中はどうなっているのか、光までの距離はどれくらいあるのか、どう歩けばいいのか、障害がどこにあってどのように回避していけばいいのか、そして長い長いトンネルの先の眩しい光がはっきりと確認出来、あなたを導きます。
そしてあなたはその光にまっすぐ歩いてトンネルを抜け出したあなたは心が健康に、心が平和に、穏やかに、幸せの道を歩んで行きます。
誰もが幸せになる権利があります。
誰もが心穏やかに過ごす権利があります。
ずっと苦しむことはありません。

そこから何を学び、何を得たかが分かれば魂は成長します。私たちは魂のレベル向上のために肉体という『器』に魂を宿らせ修行するためにこの世にやってきました。
苦しみにも意味があります。
もちろん楽しいことにも意味があります。
起きる出来事全てに意味があります。
この世に生まれてきたことに意味があります。
行きていくことに意味があります。
存在価値のない人はいません。
誰もが価値があり、生まれてきた意味があるのです。
是非、トンネルを抜け、本当のあなたを取り戻しましょう。

誰にも相談出来ない、誰にも言えない理解してもらえないお悩みを打ち明けてください。
あなたとの出会いに感謝します。

岸田天道